便利屋の市場規模と将来性

便利屋さんといえば、引越の手伝い、運送、不用品の回収といった業務内容が主なイメージでしたが、最近では、買い物代行やお喋り相手など多岐にわたりつつあります。開業に際しても大きな資金は必要ないことから非常に参入しやすい業態であるといえます。
コロナ禍による不況、早期リストラの横行で今後、便利屋業界への新規参入者は増えるとともに業務内容についても、ますます多岐にわたるようになると考えられます。

市場性については、近年の高齢化時代に対応した軽介護者などのニーズが高まっています。
総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋)によれば近年の高齢化により、
高齢者/介護関連製品・サービス市場は2025年に9,254億円(2016年比25%増)へと成長するとしているようです。
これからが、まさに便利屋産業の成長時代に入るものとみています。

ただ、便利屋産業の競争が激しくなってきた場合に当然、差別化が今後は必要になってくるものと考えられます。
何でも屋というイメージからより専門性を付けたプロ便利屋が求められてくると思われます。
そして、開業に際しては、フランチャイズから始めるのか個人で始めるのかで大きく違ってきます。
フランチャイズの場合には初期加盟金等で100万円程度、ロイヤリティが月5~10万円程度、かかってきます。

そこで、おすすめなのが、個人便利屋として開業の上、当サイトへ登録することで、依頼業務の増加につながる可能性が高いです。
広告費等については、当サイトが負担する代わりに売上の10%程度の手数料のみで、運営ができることは、魅力ではないでしょうか。
また、今後は、便利屋に必要なスキームなど、用意していき、参入しやすく稼ぎやすいビジネスモデルを構築していきたいと考えております。

コメントを残す