トランプにみる往生際の悪さこそが世界を動かす

アメリカ大統領選が3日前に始まったが、6日現在いまだ決着がついていない。

トランプは民主党のバイデン側が選挙不正を行っていると罵っている。

傍からみれば往生際の悪い老人ともとれるが、実はトランプはそうとうな戦略家である。

かつて、ヒトラーは、「嘘もつき通せば真実になる・・」といったような無茶苦茶な名言を残している。

トランプが不動産実業家時代に数百億ドルの負債を負った時に語った有名な言葉がある・・・

「もっと大きなディール(取引)をしなければならない」

その後、トランプは事業で復活したことは言うまでもないだろう。

 

トランプがこの後、どのような策略に打って出るのかはわからないが、

きっと最終的には勝つだろう。

人は負けさえ認めなければ、最終的に必ず勝つものである。

 

 

コメントを残す